CONTRACTHUB電子契約サービス

電子契約導入のための20のヒント

その8「電子契約導入のROI(投下資本利益率)算出方法のご紹介」

 

新日鉄住金ソリューションズ株式会社
ワシントン州米国公認会計士 斎木康二

◆ IT投資のROI(投下資本利益率)とは

IT投資の効果測定を行うための重要な指標にROI(投下資本利益率)があります。IT投資におけるROIとは、IT投資により生じる利益額をIT投資額で割ったもので、ROIが大きいほど、投資効果は高いわけです。
またROIの逆数は、何年でIT投資を回収できるかを示す「投資回収期間」をあらわします。
例えば、投資額1000万円で、毎年200万円の利益を生じるIT投資の場合、ROIは200/1000=20%となり、投資回収期間は0.2の逆数である5年になります。

さて、電子契約を導入して、ペイするのかどうか?今回は電子契約導入に関するROIの算出方法をみていきます。

◆ 電子契約のROIの算出方法

まず年間の投資利益金額にあたる分子は、電子契約導入によるコスト削減金額(印紙税、郵送費、保管費用など)および業務効率化評価額の和になります。これ以外に、コンプライアンス強化も電子契約の大きなメリットのひとつですが、金額に換算しにくいので、今回は除外して考えます。
次に投資額にあたる分母は、電子契約導入初期投資金額と年間利用料の和になります。

では、ここからはあるSI企業A社の例をモデルに電子契約導入のROIの算出の流れをみていきましょう。

年額投資利益を投資金額で割ったものがROIなんだ。
  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4

電子契約導入のためのヒントダウンロードページへ電子契約20のヒントへのご意見・ご要望
資料請求・お問い合せお見積はこちら無償トライアル申込み
  • 電子契約/Saas
  • CONTRACTHUB@absonne
  • CONTRACTHUB@absonneライトパック
  • ユーザー様へ
  • Web Content Manager
  • Adobe Experience Manager
  • 文書管理
  • Open Text
  • EMC Documentum
  • Oracle WebCenter
  • GlobalDoc5
  • D-QUICK7
  • ワークフロー
  • Agile Works
  • X-point
  • Create!Webフロー
  • クラウド/SaaS
  • Nsxpres2 文書管理サービス
  • 原本管理サービス
  • 共有配信サービス
  • NS-BPOサービス
  • 日本語文書検査サービス ことしらべ
  • 法定電子公告向け 調査機関サービス
  • Appdynamics
  • MobileIron

  • イベント・セミナーのご案内
  • nsxpres.comオンデマンドサービスのご紹介ムービー
  • カタログダウンロード
たいせつにしますプライバシー