Oracle WebCenter Contentの特徴

 

Oracle WebCenter Content(WCC。旧Oracle UCM) は世界4700社以上で実績のあるエンタープライズコンテンツ管理システムです。企業が保有する文書やコンテンツを組織的・統合的に登録・保管・検索・利用できます。

様々な文書・コンテンツを統合的に管理

今まで、別システムで分割管理されていた紙文書・Microsoft®Office文書など文書データとWebコンテンツ・各種フォーマットの画像・動画などをわけへだてなく、ひとつのリポジトリに統合管理できます。

使い勝手よく熟成された文書管理基本機能

文書を確実に保管し、効率よく検索・再利用するために多くのユーザからその使い勝手のよさを支持され、熟成された文書管理基本機能を提供しています。

  • バージョン管理
  • 全文検索、キーワード検索
  • 承認ワークフロー
  • 保存期間管理
  • 仮想ドキュメント(フォリオ)機能
  • WebDAV機能

保管データを有効に利用する様々な応用機能

Webコンテンツや画像・動画を文書同様に大切な情報資産として管理し、活用するために様々な応用機能を準備しています。

  • Webコンテンツ管理
  • デジタルアセット管理
  • HTML・PDF・XML等への自動変換機能
  • コラボレーション機能
  • アクセス監査機能
ドキュメント管理システム「OracleUCM」チャート図

 

■ Oracle WCCの機能一覧はこちら

 

資料請求・お問い合せ

 

  • 電子契約/Saas
  • CONTRACTHUB@absonne
  • ユーザー様へ
  • Web Content Manager
  • Adobe Experience Manager
  • 文書管理
  • Open Text
  • EMC Documentum
  • Oracle WebCenter
  • D-QUICK7
  • ワークフロー
  • Agile Works
  • X-point
  • Create!Webフロー
  • クラウド/SaaS
  • Nsxpres2 文書管理サービス
  • 原本管理サービス
  • 共有配信サービス
  • NS-BPOサービス
  • 法定電子公告向け 調査機関サービス
  • 統合電子帳票基盤ソリューション Paples
  • Appdynamics
  • MobileIron

  • イベント・セミナーのご案内
  • nsxpres.comオンデマンドサービスのご紹介ムービー
  • カタログダウンロード
たいせつにしますプライバシー