1. 文書管理システムのNS Solutionsホーム > 
  2. 日本語文書検査サービス ことしらべ > 
  3. メリット
  • 電子契約/Saas
  • CONTRACTHUB@absonne
  • CONTRACTHUB@absonneライトパック
  • ユーザー様へ
  • Web Content Manager
  • Adobe Experience Manager
  • 文書管理
  • Open Text
  • EMC Documentum
  • Oracle WebCenter
  • GlobalDoc5
  • D-QUICK7
  • ワークフロー
  • Agile Works
  • X-point
  • Create!Webフロー
  • クラウド/SaaS
  • Nsxpres2 文書管理サービス
  • 原本管理サービス
  • 共有配信サービス
  • NS-BPOサービス
  • 日本語文書検査サービス ことしらべ
  • 法定電子公告向け 調査機関サービス
  • Appdynamics
  • MobileIron

  • イベント・セミナーのご案内
  • nsxpres.comオンデマンドサービスのご紹介ムービー
  • カタログダウンロード
たいせつにしますプライバシー

ことしらべ

「ことしらべ」導入のメリット

「ことしらべ」導入前と導入後

ことしらべで検査を行うことで、これまで人間レビューでは発見しきれなかった 体裁のミスを効率よく抽出することができる

「ことしらべ」導入前と導入後

 

文書の体裁は「ことしらべ」により自動で検査することで、短時間・高品質のレビューを実現 コストが高い人間レビューは内容の検査に集中

レビュー時間の削減

・体裁的なレビューを自動化することで、レビュー時間を削減できます
・文書ファイル単位で複数ファイルの一括チェックをすることが可能です
・体裁のチェックに時間を割くことがなくなり、文章の本質的な校正に集中することができます
「ことしらべ」導入プロジェクト事例

「ことしらべ」は体裁的なレビューを自動化した場合、以下のような工数の削減が想定されます。

「ことしらべ」導入プロジェクト事例
  ことしらべ適用時の検査 目視による検査
レビュー方法 1文書(ファイル)まとめてのレビューが可能 1枚ずつ目視でレビューを行う必要あり
文書体裁の
レビュー工数
30時間/7.5人時/20人日=0.2人月 300時間/7.5人時/20人日/2≒1.0人月
本質的な問題の
レビュー工数
200文書×10分≒30時間 2,000枚×10分≒300時間
総レビュー工数 1.2人月 2.0人月


※本結果はあくまで当社の事例であり、すべての場合で、前述のような効果を保証するものではありません。ご了承ください。

納品文書品質の向上

・早期工程で誤解を生じやすい文書を指摘・修正します
・企業、プロジェクト単位での用語統一を容易にします
・目視検査ではなかなか気付ききれない点まで指摘可能です

 

目視では確認し切れない指摘箇所を自動で検出可能

あるプロジェクトの仕様書合計約300万文字(200文書)を検査した結果、以下のような指摘があった。

指摘件数 あいまいさ

影響度:高1,500件(A4 1ページあたり約0.7件)

指摘件数 オフショアなど

影響度:中2,500件(A4 1ページあたり約1.2件)