1. 文書管理システムのNS Solutionsホーム > 
  2. MobileIronソリューション > 
  3. 特徴

 

新日鉄住金ソリューションズが提供するMobileIronソリューション

 「国内初の認定代理店」として蓄積した技術や実績

 「SLCワンストップソリューション」サービス

新日鉄住金ソリューションズのスマートデバイス専門部隊「スマートデバイスソリューションセンター(SDSC)」が展開する「System LifeCycle(SLC)ワンストップソリューションサービス」でMobileIronソリューションを包括的に支援します。

  多彩な「サービスメニュー」の提供

教育サービス

MDMは導入して終わりではありません。モバイルITのビジネス利用の新たなスタートです。エンドユーザ様向け端末へのエージェント導入、活用方法のご説明から、IT管理者様向けの高度な機能の活用方法まで、御社のニーズに合わせた教育サービスを実施致します。

ヘルプデスクサービス

スマートフォンの基本操作方法やアプリケーションの利用方法はもちろん、デバイス盗難/紛失等の緊急時のリモートロック/ワイプ等のMDMサービスの運用までヘルプデスクにて承ります。
・MDM製品サポートサービス(平日9:00 〜 17:00)
・バージョンアップ、バグフィックス版の利用権

導入コンサルティング

MDM、モバイルITの導入には特有の課題があります。弊社での導入案件をベースに、MDMだけでなくモバイルITの導入に関わる、セキュリティ面や運用面からの支援、コンサルティングで御社のモバイルIT導入を成功に導きます。

オプション機能

AppSentry(=セキュアトンネリング)

従来のVPNは、様々なアプリケーションへのセキュアなアクセスを実現しますが、モバイルデバイスを利用する環境では、予期せぬアプリケーションが企業リソースにアクセスする可能性があり、完全なソリュ―ションとは言えません。AppSentryは、従来のVPNとは異なり、アプリケーションごとに企業リソースへのセキュアトンネリングを確立します。

MobileIronでは、企業が認可した各モバイルデバイスに配信したアプリケーションのみが「AppSentry (=Intelligent Gateway)」を介して、安全にバックエンドの企業リソースへ接続を行います。

AppConnect(=セキュアコンテナ)

アプリケーション開発者は必要なアプリを素早く、安全に配布しなければなりません。しかし、 開発者が配布する多くのアプリには「企業のクリティカルな情報が多い」、「特定端末だけでしか作動しない」など、多くの制約条件があります。また、BYOD(Bring your own Device)実行のためには、個人データとビジネスデータが別かれて管理されなければなりません。

このような状況でも、モバイルITは高度なユーザエクスペリエンスを提供しつつビジネスデータも保護しなければなりません。AppConnectは、モバイルデバイス上のすべてのビジネスアプリとデータを結びつけ、一括管理します。またユーザ個別の設定を認識して特定のユーザだけにデバイス利用を許可します。

AppTunnel

AppTunnelは安全なデータトンネリング技術を用い、使用中のアプリケーションデータを保護する機能です。データをコンテナ化し、安全かつスムーズに社内ネットワーク内で通信を行える機能を 提供します。AppTunnel技術は、すでに普及している「AppSentry」技術を基にして開発されています。またMobileIronはAppTunnelの他、サードパーティのVPNも提供しています。

多くのVPNとは異なり、AppTunnelはすべてのアプリに対し通信を開放せず、アプリごとの通信制御を可能にします。この機能は特にBYODの導入をする際に効果的です。なお、MobileIronは一般的なサードパーティVPNもサポートしています。

Docs@Work(メール添付の保護とセキュア社内ストレージアクセス)

企業がスマートデバイスを通じてもっとも多く利用するアプリは、「メール(添付ファイル)」と「グループウェア」です。MobileIronの Docs@Workは、このようなアプリのドキュメントを扱う際に、ユーザに安全かつ便利な機能をまとめて提供します。エンドユーザーは端末からイントラ内(Firewallの内側)にある各種コンテンツに容易かつセキュアにアクセスし、保存・閲覧することができます。また管理者は権限設定に応じて、許可されていないアクセスによるデータ損失を防止することができます。

Web@Work(セキュアブラウザ)

エンドユーザーの端末からブラウザへのアクセスを保護する機能です。管理者は特定のURLへのアクセスのみを許可するか、すべてのURLへの自由なアクセスを許可するかを選択でき、またブラウザ上に残る様々な情報をリモートから消去することができます。ユーザがWebからコンテンツをダウンロードした時も、セキュアにコンテンツを制御することができます。Web@Workにより、企業におけるWebアプリケーションのモバイル利用がますます効率的になります。

  • 電子契約/Saas
  • CONTRACTHUB@absonne
  • CONTRACTHUB@absonneライトパック
  • ユーザー様へ
  • Web Content Manager
  • Adobe Experience Manager
  • 文書管理
  • Open Text
  • EMC Documentum
  • Oracle WebCenter
  • GlobalDoc5
  • D-QUICK7
  • ワークフロー
  • Agile Works
  • X-point
  • Create!Webフロー
  • クラウド/SaaS
  • Nsxpres2 文書管理サービス
  • 原本管理サービス
  • 共有配信サービス
  • NS-BPOサービス
  • 日本語文書検査サービス ことしらべ
  • 法定電子公告向け 調査機関サービス
  • Appdynamics
  • MobileIron

  • イベント・セミナーのご案内
  • nsxpres.comオンデマンドサービスのご紹介ムービー
  • カタログダウンロード
たいせつにしますプライバシー